IT導入補助金のご案内

中小企業・自営業のみなさまが
ITツール導入に活用いただける補助金です。

  ※2019年度の申請受付は終了しました。
  次年度以降もサービス継続の予定です。

導入のご検討・ご相談などお問い合わせはこちら(IT導入補助金登録事業者:株式会社シンキングリード)

IT導入補助金とは

ITツール(ソフトウェア、サービス等)を導入・運用する経費の一部を補助することで、
中小企業・小規模事業者当の生産性向上(業務プロセスの改善と効率化)を実現することを目的としています。

補助金交付申請の受付期間(二次公募) 2019年7月17日(水)~2019年8月23日(金)
補助額 40万円~150万円未満(補助対象経費から捻出した補助対象経費の1/2以内)
補助対象費目 F-RevoCRM導入・運用支援費用
補助申請回数 事業者ごとに1回

 

補助対象事業者

業種 中小企業者 個人事業主
資本金の額又は
出資の総額
常時使用する
従業員の数
製造業、建設業、運輸業 3億円以下 300人以下 対象
卸売業 1億円以下 100人以下 対象
サービス業 5,000万円以下 100人以下 対象
小売業 5,000万円以下 50人以下 対象
ゴム製品製造業 3億円以下 900人以下 対象
ソフトウェア業、情報処理サービス業 3億円以下 300人以下 対象
旅館業 5,000万円以下 200人以下 対象
その他の業種(上記以外) 3億円以下 300人以下 対象
医療法人・社会福祉法人 常時使用する従業員の数が300人以下の者
中小企業支援法第2条第1項第4号に規定される
中小企業団体
上記の業種分類に基づき、その主たる業種に記載の従業員規模以下の者
特別の法律によって設立された組合又はその連合会 上記の業種分類に基づき、その主たる業種に記載の従業員規模以下の者
財団法人(一般・公益)、社団法人(一般・公益) 上記の業種分類に基づき、その主たる業種に記載の従業員規模以下の者
特定非営利活動法人 上記の業種分類に基づき、その主たる業種に記載の従業員規模以下の者

※補助対象事業者に関して、詳しくはIT導入補助金公式ページを必ずご確認ください。

F-Revo CRM導入支援サービス

オープンソースであるF-RevoCRMの導入効果を最大限に高めるため、業務コンサル経験が豊富で、F-RevoCRMを熟知する私たちシンキングリードがお手伝いいたします!

F-Revo CRM導入支援サービスについて »

オープンソースCRMに関することならお問い合わせはこちら

運用設計打合せ 第1回目
CRM導入の目的・お客様の業務内容を確認させていただきます。
また、F-RevoCRMの基本的な構造を理解していただき、その上で現状の業務を整理し、データ構造を定義します。
運用設計打合せ 第2回目
顧客の情報や案件、営業などの顧客接点の活動など、定義したデータ構造に応じて、マネジメント上必要となる情報を、モジュールごとに項目として定義します。
お打合せ後、貴社向けのデモサイトを作成し、モジュールごとの項目をF-RevoCRM上に設定していきます。
運用設計打合せ 第3回目
F-RevoCRMに設定した項目を確認しながら運用ルールの設計を行います。
また、ユーザーの1日の業務の流れや現状のマネジメントの実態に合わせたCRMの運用の流れを定義します。
データインポート・環境構築
顧客情報や、案件情報など、既に社内にあるデータをF-RevoCRMの各モジュールに初期データとしてインポートします。
運用説明会
F-RevoCRMの基本的な操作方法や、運用を現場ユーザーが理解し、実践できるよう集合研修方式でトレーニングを行います。
オープンソースCRMに関することならお問い合わせはこちら

IT導入補助金に関する参考リンク

IT導入補助金 - サービス等生産性向上IT導入支援事業事務局
補助金早わかりガイド - ミラサポ(中小企業・小規模事業者の未来をサポートするサイト)