会社紹介

シンキングリードってどんな会社?

社名の由来

フランスの哲学者「ブレーズ・パスカル」の有名な言葉「人間は考える葦である」をそのまま英語にした「ThinkingReed」が社名となっています。
創業時はリーマンショックの大不況でした。「資本も知名度もない小さい会社だけど、誰よりもクライアントの事を考えたい。考える事では負けたくない」という意味もありましたし、
なにより「企業人としてより良い社会を実現していく為には、すでにあるサービスを焼き直したり、模倣する事ではなく、社会の問題点から起想しなくはいけない・・・だから考え続けよう」という意味が大きくありました。

ビジネスのコンセプト

今は企業のコンサルティングとシステム関連のサービスを提供していますが、シンキングリードは、より大きなコンサルティング会社を目指している訳でも、より大きなシステム開発会社を目指している訳でもありません。
「ビジネスをもっとスマートに!」を掛け声に ・簡単に ・無駄なく ・より働きやすく 洗練された21世紀型のビジネス環境の提供を実現していく為に何をすべきか模索し続け提供していく会社です。

会社の特徴

みんなクールです。~ベンチャーなのに熱くない?
少なくとも体育会系ではないです。でもハートは熱いです。
自由です。~かなり。
ちゃんと仕事はします。
ちんどん屋?~いろんな人が居ます。
本当の意味でメンバーは多様です。ダイバシティ?
まじめです。~お客さんと打合せする時はちゃんとスーツ着ます。
普段は私服。でも、たまに不意な来客や打合せがあると・・・
昭和です。~事務所が・・・
キラキラしてません。でも流行ものを追いかける事がベンチャーじゃないですよね?
勝負しています。~大手には負けませんよ。
クライアントは大企業。コンペ相手はグローバルな超有名ベンダーさん。そういうシーン結構あります。