シンキングリードが選ばれる理由

ストップ!売り逃げベンダー

「システムありき」のベンダーとは異なり、業務改善コンサルティングからスタートした私たちは
課題に対して「最適な解とは何か?」をお客様とともに「考える」ことを、ビジネスとしています。

選ばれる理由 1大事にしているのはノルマではなくお客様の満足です

よくあるベンダー
一般的なベンダーに見られる営業内容を紐解くと、実は一方的な利潤追求から発せられる提案が多く見受けられます。
業務を効率化することより、販売ノルマを達成することを目的にしていているからです。
シンキングリード
シンキングリードでは、システムを売ること自体が目的ではなく、業務を効率化する事を最大の目的としています。
お客様それぞれのニーズは均一ではありません。コンサルティング会社から誕生したシステムベンダーならではの強みを生かしたご提案をさせていただきます。

選ばれる理由 2オープン!スピード!フラット!がモットーです

よくあるベンダー
要件定義のたびに増えていく議事録。いつしか複雑怪奇なプロセスを経て、行ったり来たりのプロセスを踏んではいませんか?
シンキングリード
シンキングリードでは、極力無駄を省略し、明快なプロセスを重視しているため、設計~テストの繰り返しスピードが早く、周回することに長けています。

選ばれる理由 3領域はフロントエンドからバックエンドまで

よくあるベンダー
「月額500円で○○業務」「SFAで売上アップ」「誰でも簡単に、業務システムを開発できる」こんな宣伝文句を見て、細切れにシステムを導入した経験はありませんか?
別々に導入したシステムの連携ができず、かえって効率が悪化、といった事態にもなりかねません。
狭い専門領域をシェアできないプレイヤーの数だけが増えるチームでは、望ましい結果は見えてきません。
シンキングリード
マーケティング・営業案件・保守サポート・見積・契約・請求管理。すべての業務は繋がっています。
シンキングリードは、複雑化する業務から逃げません。
フロントエンド業務から、バックエンド業務、会計、生産管理システムとの連携まで対応でき、かつ柔軟性があります。
オールラウンド型のマルチプレイヤーだからこそ、ビジネスに確実な結果をもたらします。

それでもシンキングリードを選ばない理由

「成果よりもドキュメントの量が大切だ」
「システム開発は、余計なことを言わない『業者』が良い」
「誰でも知っている大会社じゃないと、失敗したときに言い訳できない」
「システムを導入すれば、何もしなくても『成果』が上がるはずだ」
「提案には5名以上で来て、粗品も持ってくるべきだ」
「オープンソースなら、何でも無料のはずだ」

……このようにお考えの方には、シンキングリードが提供する「スマートビジネス」は、おすすめできません。
お問い合わせをいただいても、ご期待に沿うことはできませんので、予めご了承ください。